Andrew's Second Home - Counseling and Support in Japan

カウンセリングを受ける カウンセリングを行う・臨床心理士になる 読む・知る・楽しむ


俺の英語に対する劣等感  by‘Gorisan’

こんにちは、みなさん。今日は、俺の英語に対する劣等感について書きます。

俺は、ある私立大学の大学院に行っています。専攻は臨床心理学です。俺は そこで、TOEIC (Test Of English for International Communication)の授業も 受けています。その授業で、実用的な場面における英語について、聞いたり話 したりすることを勉強し、実践しています。俺は、他の学部生と一緒に、その 授業を楽しんでいます。

俺はかつて、英語を聞くのも、話すのも、読むのも、書くのも嫌いでした。 誰かが英語で話しているのを耳にすると、俺の英語に対する劣等感は、どうし ようもなくかきたてられました。

その理由は、俺の親父が、高校の英語教師だったからです。親父は、「英語 のできない日本人は、この競争社会では無能だ」と考えていました。そして、 有名人について、例えば「宮沢喜一首相はすばらしい政治家だ。あの人は英語 ができるから」などと、英語ができるかできないかだけで評価していました。

そして、このような親父の教育態度によって、俺は完全主義者になっていま した。親父は、学歴の重要性をことさら強調していました。俺は、「俺は英語 ができるようにならなくてはならない。さもないと、誰も俺をこの社会の一員 として認めてくれない。」という強迫観念を持っていました。

しかし、英語ができるということは、俺たちが持っている多大な能力の、た った一つにすぎないことは、きわめて当たり前のことです。それに、英語がで きなくても、優秀なすばらしい人間は、たくさんいます。

俺は今、英語で話している内容が理解できると、とてもうれしく、わくわく します。

それは、俺の自己受容の程度が高まったからです。俺たちが英語を理解でき ないとしても、あるいは一流の学歴を持っていなくても、俺たちは、この社会に生きていく権利を当然持っています。そして、幸せな人生を歩むことができ ます。実に当たり前のことです。俺はこの数年で、このような常識が分かるよ うになりました。ですから、英語ができることに対する、俺のばかげた強迫観 念はなくなりました。

それに、英語に対する俺の完全主義がなくなったら、英語をとてもくつろい で勉強できるようになりました。俺は、英語で言われていることを、全部聞き 取って理解する必要はありません。そして、間違いをすることもできます。実 際、間違いをしなければ、英語は上達しないでしょう。

今や俺にとって、英語は、人物を評価する絶対的な尺度ではありません。俺 は自分のできる範囲で英語を勉強しようと思います。そして、英語だけでなく 日本語でも、海外からきた人々と楽しく話したいと思っています。


ページトップへもどる

カウンセリングバナー
Copyright © 2000-2006 具来夢図・庵努龍. All Rights Reserved.